「お金が足りない」となれば、お金を使うべきことを行わずに済ませるか、もしくは「借りる」という選択肢があります。

もちろん、お金が足りない状況で無理にお金を使おうとすること自体が非常にリスキーであることは間違いありません。

しかし、利用目的が「必要性の高いこと」であれば致し方ないと判断することもできるでしょう。

その場合は「どのような方法でお金を借りるのか」「返済計画をどうするのか」をよく考える必要があります。

気軽にお金を借りる方法


気軽にお金を借りられる方法といえば「カードローン」があります。

もっとも、気軽に借りられるとは言っても誰もが希望すればお金を貸してもらえるというわけではありません。

何よりも「借りたお金を返済しなければいけない」ので安易に利用することは賢明とは言えません。
また、カードローンという商品の中にもさまざまな特徴を持っているものがあるので、適切な選択をすることが大切です。

少額を短期間借りたい場合


たとえば、「給料日前に手持ちが足りなくなってしまって1週間だけお金を借りたい」という状況ならば、無利息期間のあるカードローンを利用する方法がおすすめです。

消費者金融のカードローンでは、30日間無利息のサービスを行っている会社が多くなっています。

ご契約から30日間は金利0円でお借入していただくことができるサービスです。
「ご契約日の翌日」から30日間が金利0円適用期間となります。
引用:30日間金利0円サービスについて|アコム

無利息期間は商品によって異なりますが、おおよそ1か月間は無利息で利用することができます。

給料日の1週間後に返済するのであれば、本来は支払うことになる利息を節約することができるので、少ない負担で完済することができます。

中長期で高額を借りたい場合

「中長期的に高額の融資を希望したい」という状況の場合は、無利息期間があるカードローンを利用するメリットももちろんあります。

しかしそれよりも、金利が安いカードローンを利用した方が簡単かつ大きなメリットを享受しやすくなります。

特に銀行のカードローンは消費者金融のカードローンに比べて、金利が安いのが特徴です。

具体的には、消費者金融の金利は4~18%ほどが一般的なのに対し、銀行カードローンでは3~14%ほどが一般的です。
引用:銀行からお金を借りる方法|お金を借りるセレクト

金利は1%違うと1年で大きな差になります。
長い期間をかけて返す予定の方は、毎月の負担も考えてなるべく低金利の銀行カードローンで借りることを検討するのが良いでしょう。

利用の際に重要視したい事


カードローンを利用する際に最も重要視しなけらばいけないことは、「返済ができるのかどうか」です。

お金を借りたい状況では「借りられるかどうか」ばかりに意識が向いてしまいがちですが、それよりも返済のこと(完済)を意識しながら考えていくようにしましょう。